TOP

お財布がピンチの時、その額が少額だったとしても友人・知人などから…

お財布がピンチの時、その額が少額だったとしても知人または友人から借金をした場合、状況によっては築いてきた関係が崩壊してしまうことも少なくありません。これは、自身が貸す側になった場合であっても同じことが言えます。したがって、自身がその立場に立たされた際、少々、そういった意味での覚悟は必要になります。普通に考えて、他人にお金を貸したい、なんて人はまずいません。これまでの良好な関係があるからと言って約束通り返済が確実、という確証があるわけではありませんし、金融業者みたいに利息を付けて貸すケースは稀ですし、正直なところ、リスクはあっても、メリットが皆無です。この先あなたが、お金のやりとりで周囲に迷惑を掛けたくないのであれば、周りに頼らずキャッシングなどを利用するほうがいいでしょう。近年では、昔より低金利で使えるサービスも増えていますし、格段に使いやすくなっています。

過去記事一覧

過去記事一覧