TOP

20年くらい前、消費者金融は「サラ金」と呼ばれていました。

かなり古い話ですが、消費者金融は「サラ金」といわれていました。この「サラ金」は、サラリーマン金融という言葉を略したもので、消費者金融がサラリーマンを相手にしている金融業者、であるがゆえに「サラ金」と呼ばれていました。当時は、高い金利でお金を貸すということもあって、当然、世間からすればイメージは悪いものでした。この時代の悪い印象が強い昭和の世代から見ると、当時とは違う、ここ最近の、消費者金融の変わりようには違和感を感じる人も少なくないでしょう。「銀行」と経営を連携するようになり、信用度は、過去よりもアップしています。安定していったことで、金利についても銀行のように、低く設定される金融業者も増えつつあります。そして、審査も緩めで、即日融資にも対応してくれるます。なので、万が一、お金に困ったときは銀行よりも「消費者金融」のほうが頼りやすいかもしれません。

過去記事一覧

過去記事一覧