TOP

金融業者などからお金を借りる場合、当然、定期的かつ安定的な収入源がないといけません。

金融業者からお金を借り入れする際は、当然ですが、定期収入がないとサービスを受けられないのです。金融業者からお金を借り入れするうえで、審査項目の中でも一番重要となるこの定期収入があるというのは、毎月、安定した額の収入がある、ということです。ただし、定期的に入るとは言っても、残念ながら「年金収入」は審査の枠から外れるといった場合が大いにあるので、気をつけておきましょう。また、消費者金融においては、年金だけで借入れの申請が通る可能性はかなり低くなります。また、実際に年収額でみて問題なく利用できる金額があった場合でも、いわゆる短い期間のアルバイト、及び、休みにあわせて仕事をして収入を増やしていった場合も、年金同様、利用の対象外です。パート・アルバイトが収入源という場合は、毎月、それなりの収入があることが必須となります。

過去記事一覧

過去記事一覧